組合概要 組合員一覧 組合事業
リンク
さらど

組合概要

組合名 山形さらど事業協同組合
設立年月日 1995年7月1日
住所 〒991-0032 山形県寒河江市南町2-1-16
組合員数 15社(賛助会員4社)
出資金 960万円
理事長 大沼保義
副理事長 横尾昭男
電話番号 0237-86-6133
FAX番号 0237-86-9644
事務局担当 専務理事:水戸部英一 庶務担当:大沼とも子
Eメール nrr26769@nifty.com
組合員の業種 酒類、漬物、味噌醤油、食肉製品、食酢、豆腐、蒲鉾類、餡類、菓子類、麺類、缶詰類、惣菜、納豆、魚加工品等
設立目的 岩波新書「食品を見分ける」著者磯部晶策氏の提唱する[良い食品の4条件][良い食品に携わる者の4原則](磯部理念)に共鳴し、日々努力研修し、普及するために設立された。
組合の目指すもの 何も知らない子供が何気なく手にした食品が、良い食品の4条件を満たしている。そのような食品が当たり前になる時代を究極の目標としている。
沿革
食品コンサルタント磯部晶策氏は、1950年代から食品の品質、特に大量生産、大量販売による品質変化について研究を重ね、憂慮を深めていた。
1977年11月 岩波新書より、磯部晶策著『食品を見分ける』発刊。食品業界のバイブルとして現在28刷り目のベストセラーとなる。
1993年4月 山形県内の会員を中心に、磯部理念に賛同する研修グループ「さらど塾」結成。

「さらど」とは山形県村山地方の方言で、新雪のまっさらの状態をいい、良い食品づくりの原点に立ち返り、真摯に、一徹に努力研修していこうという考えから名づけられた。
1995年7月 さらど塾の活動が多くの人に評価され、山形さらど事業協同組合が設立される。

ページトップへ 組合員一覧
山形さらど事業協同組合